忍者ブログ

多民族国家大和

土佐で興った初期大和王権の国家構造を様々な角度から論証していきます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


勢いを増す纒向電波


またしても纒向を邪馬台国に仕立て上げたい人たちが電波を発している。

国内最多銅鏡81枚 - 卑弥呼と関係か【桜井茶臼山古墳】 (奈良新聞)


桜井茶臼山古墳(さくらいちゃうすやまこふん)『ウィキペディア(Wikipedia)』は古墳時代前期の古墳です。その中から出てくる銅鏡が、なぜ卑弥呼の鏡なのでしょうか?

*****引用はじめ*****
橿原考古学研究所の菅谷文則所長は「日本国家初期の『最高の王』の力を示す成果。今までの理論を超えた鏡の組み合わせで、今後は広い視野を持つことが必要だ」
*****引用おわり*****(奈良新聞)

三角縁神獣(さんかくぶちしんじゅう)鏡を神聖視するのでしたら、国産鏡と同じところに埋葬されていること自体に疑問を感じないんでしょうか。

もし仮に、纒向が卑弥呼の居所で今回発見された三角縁神獣(さんかくぶちしんじゅう)鏡が魏から送られたものであるならば、国産鏡と同時に見つかるのはおかしい。

『最高の王』を示すのであれば、送られた三角縁神獣(さんかくぶちしんじゅう)鏡が同じ場所に全てが埋葬されているか、一枚ずつ各首長に配られたか、いずれかである。

普通に考えれば、纒向は後者の鏡を配布された方であり、だからこそ国産鏡と同じ場所に三角縁神獣(さんかくぶちしんじゅう)鏡が埋葬されているのである。

さらに言うならば、卑弥呼の死後、纒向周辺の豪族が四国の卑弥呼から送られた鏡を一箇所にまとめて畿内をひとつの勢力圏に仕立て上げる闘争を始めたから、桜井茶臼山古墳(さくらいちゃうすやまこふん)は築造年代が古墳前期なのである。

橿原考古学研究所の菅谷文則所長の推測はあまりにも暴論だし子供じみている。自分の地元を初期大和王権の発生地にしたいのはわかるが、完全に論理が破綻しているし、権力と肩書きを使っての憶測歴史学は尊敬に値しない行為である。


ちなみに邪馬台国は共和制なので『最高の王』などという概念は存在しません。まず歴史を研究するよりも自分の頭の中の皇国史観を廃することのほうが先決であると思います。卑弥呼は魏と通商を行い連合国家中から共立された民主主義的首長です。そこに帝国主義的『最高の王』が存在するわけないのです。あまりにも馬鹿げています。

邪馬台国と言いながら帝政ローマや、唐帝国、大日本帝国のような専制君主を卑弥呼にあてはめるのは妥当ではないと思います。前提そのものが間違っています。共和制が土地に染み付いた場所が卑弥呼の居所だったのです。遺跡を発掘せずとも日本史を少し勉強するだけで答えが出ます。

共和制復刻自由民権運動がどこから始まり、どのような勢力が帝政江戸幕府を終わらせたのか。簡単に答えは出ます。土地に染み付いたイデオロギーが簡単に変わるわけはありません。

邪馬台国纒向説を支持する人たちが卑弥呼を『最高の王』に仕立て上げようとすればするほど、邪馬台国自体から遠ざかっていくことに気付かねばなりません。

連合国家体制下で帝政を敷いたものなどいるのでしょうか?邪馬台国は完全な連合国家です。『最高の王』を主張するならば、むしろそれは狗那国であるでしょう。

いい加減、歴史を道具にして自分を癒すのはやめにしましょう!癒されたければヒーリングを受ければ良いだけのこと。



堂ノ後古墳、実は5世紀後半 奈良・桜井市教委が発掘調査 (さきがけWeb)

長年、国内最古の前方後円墳などと主張してきた堂ノ後古墳が学生のレーダ調査であっという間に存在意義が瓦解。こういうところには全く目を向けず、自分の都合のいいようにメディアと権力を使って纒向教を宣伝するのは百害あって一理なし。


ちなみに、古墳前期の築造とされるホケノ山古墳(ほけのやまこふん)『ウィキペディア(Wikipedia)』はホタテ型ですが、高知の卑弥呼の墓とされる古墳はイチョウ型です。



PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[01/07 hibiki]
[01/07 hibiki]
[01/06 藤島利久]
[01/04 ガブリエラ]

最新トラックバック

プロフィール

Copyright ©  -- 多民族国家大和 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ